iPhoneXで使いたい顔文字を利用出来るようにする

iPhoneXは、電話機能や電子メール機能などが充実したスマートフォンです。

電子メールを作成したり、SNSでメッセージを作成したりする時に顔文字を使う機会がよくあります。

iPhoneXの日本語キーボードには、顔文字専用のキーが搭載されていますが、この部分に独自の顔文字を追加する事が可能です。

顔文字は、国によって異なりますが、日本でよく使われる顔文字は現在の最新バージョンのiPhoneXのOSでも多数登録されています。
しかし、ユーザーによっては、独自の顔文字を使いたい場合が出てきます。



そのような時に、ソフトウェアキーボードの顔文字キーに独自の顔文字を登録しておきますと、いつでも顔文字を呼び出す事が出来て便利です。

ユーザー辞書の機能を使って、顔文字を登録していく事が出来ます。ユーザー辞書に特定の絵文字を特定の読みで登録しておけば、顔文字キーを押す事で変換予測機能によって候補に挙がってきます。

変換予測のキャッシュを一旦クリアにしておきますと、呼び出したい顔文字が候補に挙がり易くなるでしょう。
デフォルトの設定アプリでも、サードパーティー製のアプリでも登録する事が可能です。
グループ分けをしておきますと、色々な顔文字を呼び出しやすくなりますので、SNSでのメッセージ作成やチャットでのやり取りや電子メールでの使用に重宝します。


顔文字はネットなどで公開されていたり、アプリに搭載されている事もありますので、最大限に活用していけば、顔文字の種類を増やしていく事が出来ます。


わくわくしながらiPhoneXの箱を開けてみると、誰もが驚くのはその説明書の薄さです。



説明書と言ってもいいのかはばかられるほどですが、もしも何か使い方が分からないと思ったらインターネットにアクセスしてユーザガイドを見て操作をしていくのが基本になっています。

たくさんの書籍も販売されていますので、自分でもっと使いこなしたいと思ったらこうした書籍を幾つか購入して参考に読んでみるのもいいでしょう。



iPhoneXは直感的に操作をしていく事ができますので、画面をなんとなくでも触るところから始めましょう。


基本である電話やメールは、アイコンも分かりやすくなっているのでそれを押せば別の画面が出てくるようになっています。触っていくうちにこうしたらいいのかなというのも感覚的に分かってきます。

それでも分からなければユーザガイドを見ていく事になります。これはインターネットのブラウザのお気に入りに入っているので、出来れば消さずに置いておく方が便利です。

iPhoneXの各部位の説明や使う前の諸注意、基本操作やその他に関してなどいろんな説明を読むことが出来ます。以外に知らなかった機能なども発見できたりするので、たまには見直してみるのをおすすめします。見ていても分からないようなら詳しい人に聞くか、またはサポートセンターへと電話をかけてもいいでしょう。


サポートをしてもらうときには有償利用となる事がありますので、必要に応じて相談をしてみて下さい。