浅草で6月に行われるイベント

年間を通じて沢山のイベントが開催される浅草ですが、大きなものでは、鳥越神社で鳥越祭と茅の輪くぐりが、浅草長國寺であじさい祭りの3つのイベントが開催されます。

鳥越神社は約1360年の歴史があり、日本武尊を祀って白鳥神社と称したのに始まるとされ、源義家が鳥越大明神と名を改めたと伝えられています。鳥越祭は例大祭とも言います。鳥越祭で毎年氏子によって担がれる神輿は、氏子町内を渡御される神輿としては都内でも一番重い4トンと言われています。本社神輿の列は天狗や子供達の持つ五色の旗が先導します。夜になると宮入道中には提灯を付けた提灯神輿が宮入します。

毎年数万人が見物に訪れる夜祭りとしても有名な祭りです。また、鳥越祭とは別の日になりますが、平安時代からの伝統行事でもある悪疫払いの「茅の輪くぐり」も開催されます。6月の大祓に併せ多くの神社で行われる茅の輪くぐりは、人形の形の半紙に名前と年齢を書いて神社に納め、半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願います。鳥越神社では回り方が、左周りから右回り・そしてまた左周りと八の字になるように3回通ると良いとされています。

「酉の市」で有名な浅草長國寺のあじさい祭りは、「あじさい図鑑」として各地から集められた100種類のあじさいが見られる他、ここでしか購入できない色々な色の鉢花を篭に入れた「篭あじさい」の卸売も行われます。また、健康祈願としてお灸をしながら祈祷を受ける祈祷会や、夏バテを封じるとされる薬膳きゅうり汁が振る舞われる珍しいイベントです。
浅草のイベントのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *