浅草のイベントを楽しむ!

浅草はいつも人で賑わいますが、お祭りやイベントになるとさらに大勢の人で賑わいます。

浅草寺などのお祭り、サンバカーニバル・花火大会など、年間を通してイベントが開催されるので何回来ても楽しめます。日常の浅草とは異なるイベントの日に来て楽しんでみましょう。例えば4月は、力士2人がそれぞれ子どもを抱えて立ち、先に泣いた子どもが勝ちという「泣き相撲」があります。

ニュースなどでも流れる有名なイベントです。5月は、浅草神社を中心に行われる「三社祭」があります。700年以上の伝統を誇るイベントですが、何台ものお神輿が、仲見世通りなどを練り歩くのはまさに圧巻です。見物客も約150万人で賑わうので一度は行きたい東京代表のお祭りです。7月の「ほおずき市」は下町の夏の風物詩と言われ、ほおずきを売るお店が並びます。参拝後に買い求める人や観光客で賑わいますが、7月10日に参拝すると46、000回お参りするのと同じ効果があると言われます。

また「下町七夕祭り」は露店や七夕飾りが見どころで、下町人情あふれる温かいお祭りです。8月の「サンバカーニバル」は、華やかな衣装を着たサンバダンサーが行なう日本最大のサンバカーニバルで、夏の浅草で最も盛り上がります。お盆に1日だけ行われる夜の「隅田川とうろう流し」は、世界の平和を願う情緒あふれる催し物です。11月は鷲神社で「酉の市」が開催され、色とりどりの熊手が売られます。また、屋台なども並び、下町グルメも楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *