浅草とスカイツリーを観光

東京観光と言えば、その候補地を色々あげられると思いますが、古くからあるものと新しいもので探してみると面白いかもしれません。

例えば、古くからある東京の観光地と言えば、浅草をあげる人が多いのではないでしょうか。一方で新しいものはと言えば、おそらくスカイツリーをあげるかもしれません。浅草と言えば、雷門が有名です。赤い大きな提灯が山門の屋根の下にぶら下がっています。数メートルはある巨大なもので、外側には雷門と書かれています。一歩入って振り返ってみると風雷神門と書かれてます。

実は、この山門の正式名称は、その風雷神門なのです。その門の前には、人力車が走っており、それに乗れば浅草観光に連れて行ってもらえます。雷門の中には仲見世通りというおみやげを購入したり食べ歩きのできる店舗がずらりと両側に並んでいます。その風景は近代的ではなく、どこか江戸情緒のようなものを感じるはずです。仲見世通りの奥に行くと浅草寺(せんそうじ)があります。そこには五重塔もあり、その場所からスカイツリーを見ることが出来ます。

つまり新旧の棟を同時に見ることが出来るのです。浅草駅から電車ですぐのところにスカイツリーがあります。その展望台に上がれば東京だけでなく関東平野を見渡すことが出来ます。さらに遠くには富士山が見える時もあります。条件が揃えば雲海をみることも出来る高さです。このように古くからあるものと新しいもので探してみると面白い何かを探せるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *