友好を深め、中国人観光客を気持ちよく受け入れる為に

さまざまな国からの観光客が訪れるようになり、年間の訪問者数は100万人を突破しました。

東日本大震災後の観光客の落ち込みの対策を講じてきた甲斐もあって、増加に転じています。世界各国からの観光客が訪れている中で、圧倒的に多いのが中国人観光客です。春節の時期には「爆買い」する中国人観光客の姿がよく報道されました。

春節は日本のお正月に近いもので、新暦の正月に比べて盛大にお祝いされるため、中国だけでなく台湾などの中華圏の国々では数日間の祝日となっており、その休暇を利用して日本を訪れた人たちが、大量に買い物をし、おみやげとして持ち帰る姿に、日本人の多くの人々は驚きを隠すことができませんでした。このような中国人観光客の日本ではあまり見かけないような大量の買い物をする姿に加えて、お国柄の違いによる、さまざまなマナー違反などについても、数多く報道されました。

この根底には、文化の違いや習慣の違いがあるため、当のご本人たちには全くと言っていいほどに罪悪感はありません。 事前にお互いの国の文化の違いや習慣の違いなどをよく理解する機会があれば、こうした齟齬は生じないものの、そうした危害がこれまでになかったことは誠に残念なことです。今後も双方が友好を深め、互いの国を相互に訪問する人が増えていくことが予想されます。そのため互いの文化や習慣をよく知り、理解を深めることが、今後の友好のためにはぜひとも必要だといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *