外国人観光客に人気の観光スポット

日本国内を訪れる外国人観光客に人気の観光スポットのランキングには、興味深いものがあります。

日本人ならば定番と思われる金閣寺をはじめとする京都市内の著名な社寺仏閣が、ランキングのトップに来ない事です。2013年から2014年にかけての旅行口コミサイトにおける外国人観光客人気スポット最新ランキングの第一位に輝いたのは、京都の伏見稲荷大社でした。神道は日本独自の宗教であり、キリスト教や近年増加しているイスラム教の国からやってくる外国人観光客にとって、神社は理解しにくい宗教施設と日本人は考えがちです。しかし伊勢神宮に代表されるように、日本の神社は簡素で静謐、清潔な佇まいを持っています。豪壮で華麗な宗教施設を見慣れた外国人観光客には、日本の神社は新鮮な魅力を持った場所と感じられています。

大鳥居が水中に建ち、満潮時には社殿が水上に浮かぶように見える広島県の厳島神社は、世界に例のない建築として人気を集めています。京都の伏見稲荷大社は本殿のある山全体が信仰の対象とされ、寄進された朱い鳥居がトンネルのように長く続いています。穏やかで静かな日本の神社にあって大量の朱色の存在は非常に刺激的です。

伏見稲荷大社は京都駅から近く、しかも駅前から直ぐに参道につながるアクセスの良さや、早朝や夜間に自由に参拝できる事なども人気の要因と考えられています。ランキングではその他、広島の原爆ドームや平和祈念資料館が核兵器の恐怖や戦争の悲惨さ、平和の大切さを考える場所として人気を集めています。また、ランキング常連の富士山、京都の金閣寺や奈良の東大寺の他、都内の新宿御苑や明治神宮も高い人気を集めています。賑わう都心にあって別世界のような静けさと四季折々の美しい花や緑が楽しめる事が評価されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *