スカイツリー見学からぶらり浅草散策 旅行関連情報

2012年に開業したスカイツリーですが、まだまだ行ったことがない人も多いようです。

このツリーの楽しみ方と、旅行関連の本などには必ず見かけるであろう『浅草寺』。このスカイツリーから歩いて行ける距離なのはあまり知られていないようです。ここでは旅行関連の記事で取り上げられていない、実際自分が訪れた経験も含めまとめてみました。午前中はスカイツリーを訪問しましょう。開業からだいぶたってはいますが、連休中などはまだまだチケットを購入するのに行列する日も多いようです。出発日が決まったら、早めにチケット予約することをおすすめします。スカイツリーのフロア350までエレベーターで上がることになります。

ドアが開くと東京を遠くまで見渡せる展望デッキに到着。そこから一周デッキを365度ぐるっと歩くことができます。旅行関連の情報であまり語られていないようですが、見る方向によって違う東京が感じられます。はじめは、東京のまさに個性的な近代的なビルが並んでいます。これぞ都会という風景が広がっています。ただ、そこから90度ほど眺める角度がかわると小さな町工場が隅田川沿いに広がる味のある眺めに変わります。もう少し歩くと、『浅草寺』が見ててきますので探してみてください。天気がいい日はレインボーブリッジの方面も見ることができます。

東京のいろんな街並みを感じることができるのでその変化をぜひ楽しんでほしいと思います。そして、そこから『浅草寺』へ移動です。このお寺、実は東京最古の寺院であることはあまり知られていないようです。大きな赤い提灯のある雷門が出迎えてくれます。くぐり抜けて本堂を目指すことになるのですが、そこまでの道が仲見世商店街です。ぜひこの下町の情緒あふれるお店での食べ歩きが楽しいイベントだと思います。個人的には『亀十』のどら焼きがおすすめです。東京の散策スポットとしては手軽に楽しめるエリアです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *