iPhoneXの歴史について

2007年1月9日に当時のアップル社のCEOであったスティーブジョブズが、初めてiPhoneを発表しました。
iPodや通信機能、インターネット、電子メールの機能を1台に搭載しており、メディアやアメリカ国民の注目を浴びました。

アメリカのアップルストアのみで販売され、行列ができました。一方日本では、ガラパゴス携帯が絶頂期を迎えており、各メーカーがオリジナルの機種を開発してしのぎを削っていました。

来月発売のiPhoneX(テン)の性能についてです。

日本ではソフトウェアキーボードに馴染みがなく、国内の携帯コンテンツに対応していなかったので、人気が出ませんでした。


2008年7月11日に日本を含んだ世界の22の地域でiPhone3Gが発売されました。

GSPチップが搭載され、位置情報を利用したアプリの開発を促進しました。


日本でも買い求める人が長蛇の列を作り、この時期にアップストアのサービスも始まりました。

当時アップル社では、1カ国につき1つの会社しかiPhoneを取り扱うことはできないという方針でした。
そこで選ばれたのがsoftbankです。


softbankはそれまでもイメージを大きく変えて、躍進を始めました。
iPhone5sとiPhone5cが2013年9月20日に販売されましたが、それは大きな変換点でした。auに続いてNTT docomoも取り扱いを開始しました。
これにより、3大キャリアの三つ巴の争いが繰り広げられるようになり、消費者にとってより良いサービスの充実を図っています。


iPhoneXは携帯の一種だと誰もが思っていますが、いざ落としたり水没したりした場合には修理をしてまた使ったり、買い替えたりする事になります。
その時に、自分のデータがどうなるのだろうかと考えている人はそれほどいません。
大事なデータがない、とただ呆然とする人の方が多いわけです。それは一般の人でもビジネスで利用している人でも変わりません。

iPhoneXは精密機械なので出来ればこまめにバックアップも行いましょう。

バックアップ方法は二つありますが、パソコンに接続してiTunesを使用する方法か、iCloudにて行うかのどちらかです。

パソコンがない場合には後者となります。

どちらもバックアップの方法には変わりませんが、よりたくさんのデータのバックアップを行いたい時にはパソコンに接続した方がいいでしょう。

iCloudはさっと便利にデータを保存する方法と考えた方が分かりやすいです。

普段はこちらをメインにして、一ヶ月に一回はパソコンを利用してバックアップするぐらいがちょうど良さそうです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、自分の大切なデータがなくなってしまうよりは断然いいでしょう。
不慮の事態で壊れてしまったら本当にデータは戻ってきません。

バックアップがあるだけで、多少はデータは戻ってくるのです。
大切なiPhoneXのデータは自分自身で守らなくてはいけません。
アドレス帳や写真など、様々なデータをこまめにバックアップしておいて下さい。


iPhoneXは、単体だけでネットに接続して、多種多様なWebサービスを利用する事が出来ます。
しかし、海外旅行や海外出張などでiPhoneXを使う場合、海外ローミングサービスを使う事になりますが、数日使っただけで、国内で利用した時の月々の料金と同等の金額が掛かってきます。

iPhoneXを海外で使いたい場合には、海外ローミングサービスではなく、他の手段を使う事が重要になってきます。

iPhoneXを海外で使う方法としては、SIMフリー端末を使って、現地でSIMを調達する方法とレンタルWi-Fiルーターを借りるという方法です。



いずれの方法も現地のSIMカードを使う事になりますので、海外ローミングサービスと比較しますと、安くモバイルインターネットが利用出来ますので重宝します。

レンタルモバイルルーターは、専門業者で取り扱っており、最近では、最新モデルも利用出来るようになっていますので、性能面やバッテリーの持続時間で不満を感じる場面は少ないでしょう。


現地で販売されているSIMの中には、プリベイト方式の物がありますので、長期契約を行わなくても済みます。

レンタルモバイルルーターを使う場合には、業者が予め現地のSIMを使えるようにしてくれていますので、ユーザーがSIMの事を考える必要が無く、手間が掛からないのがメリットです。iPhoneXを海外で利用する場合には、使う回線によって料金が大きく異なってきますので注意が必要です。


人気のスマートフォンであるiPhoneXは、ブラウザでWebサイトを閲覧しますと、デフォルトではモバイルサイトが開く仕組みになっています。
これをPCサイトを閲覧するように設定する事で、iPhoneXでも常にPCサイトを閲覧出来るようになります。

デフォルトのブラウザだけでなく、サードパーティーから発表されているブラウザでも同様にPCサイトを表示させる設定項目が用意されていますので、iPhoneXでPCサイトを見たい時には、この機能を活用すれば役立ちます。

PCサイトを閲覧する時に気をつけるべき事は、Webアニメーション技術に対応していないという事です。
現在のWeb標準技術であるHTML5やCSS3を使ったアニメーションはサポートされていますので、これらの技術に対応しているサイトを閲覧する場合には問題無く表示する事が出来ます。

PCサイトは、様々な表現が使われており、最近では、ディスプレイサイズによって表示方法が自動的に変化するレスポンシブデザインを採用しているケースが多いですので、モバイルサイトよりも豊かな表現を楽しむ事が可能です。



モバイルサイトは、iPhoneXのディスプレイでも見易いようにデザインされていますが、画像などが最低限しか無く、少し味気無い物になりがちです。

また、モバイルサイトでは表示されない項目があったりしますので、PCサイトも表示出来るようにしておきますとサイトのフル機能を使う事が出来ますので便利です。